ゆるゆるみにまり

ほどよくミニマル

美肌になるためにやめたこと

f:id:minicotan:20210423104819j:plain



若い時はお肌のお手入れなんてほとんどしていなくて、紫外線対策にも気をつかっていませんでした。

 

案の定、40を過ぎたあたりからシミ、シワ、タルミ等のアラが目立つようになり、この歳になってやっと、お肌を気にするようになりました。

 

少しでも肌の老化を遅らせたい

若い頃はホントに油断してました。今さら後悔しても遅いのですが、少しでも老化を遅らせるために今は紫外線対策や保湿には気をつかっています。

 

そして、加えるだけでなくやめたこともあります。

ゴシゴシ洗顔

私の肌はどちらかというと脂っこい肌で、洗顔はとにかくさっぱりするのが好きでした。脱脂力の強い洗顔料や石けんで角質や黒ずみを落とそうと必死でゴシゴシ顔を洗っていました。

 

洗顔ブラシがいいと聞くとブラシでゴシゴシ。やりすぎて鼻の頭だけビニール肌にもなり、鼻の頭がツルツルテカテカ&ヒリヒリ。

 

そうすると今まで以上に頑張って皮脂を出そうとします。皮脂を抑えたいのにそれじゃあ意味がないですよね。

 

これに懲りて、ゴシゴシ洗顔はやめました。

 

 今は、クレンジングも兼ねてスウィートアーモンドオイルやマカダミアナッツオイル※1を顔にのばした後、湯船につかり10分間ぐらい放置します。

 

※1スウィートアーモンドオイルやマカダミアナッツオイルは角質柔軟効果があります。

 

*関連記事*

minicotan.hatenablog.com

 

 

そのあと、オイルをお湯で流し

 

プルプルのモコモコの泡で押し付けるようにして顔を洗います。

 

小鼻の周りだけ若干、泡を動かします。

 

この方法で、ゴシゴシ擦らなくても軽いメイクも角質もスルっと落ちます。

 

ちなみに、石けんオフメイクも石けんだけで落とそうとするとゴシゴシ擦ってしまいがちなので、スウィートアーモンドオイルやマカダミアナッツオイルまたは油脂系クレンジングで摩擦レスで落としています。

洗顔後のタオルドライ

うちのタオルはゴワゴワのバリバリです。柔軟剤は使ってません。柔軟剤も刺激になります。それでもって、生乾きの季節になると雑菌も微妙に気になってました。

 

そんなタオルで顔拭いたら、せっかくキレイに顔洗ったのに汚してるんちゃう??といつも疑問に思っていました。

 

そんなところに、タオルで顔を拭かない美容法があるとのこと。

 

さっそく実践しています。

 

顔が濡れたまんまの状態でスキンケアを始めます。

 

化粧水ナシでいきなり美容液を塗っています。

 

最後はクリームでフタをしておしまい。

 

この方法だと、洗顔用タオルと化粧水がなくても大丈夫。 

 

人によってはタオルではなくティッシュペーパーで拭いたり、クレンジングタオルというもので拭いている方もいるようです。美肌の人は「タオル」で顔を拭かないようですよ。

 

 おわりに

美肌になるために肌をこすることをやめました。

 

摩擦によって肌が乾燥したり、くすんでしまったら折角のスキンケアが台無しになりますもんね。

 

やさしく、やさしく洗っていたら以前はこすらないと落ちなかった汚れ(角質等)が、いつのまにかスウィートアーモンドオイルとプルプルのモコモコ泡だけでキレイに汚れが落ちるようになりました。

 

 

 

 

 

ポチっと応援してもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

フォローしていただくと、更新を見逃さないので便利です。

ゆるゆるみにまり - にほんブログ村

 

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ